リヴァイスターレコード | クールな理由と信念

クールと暗いって紙一重だと思いませんか?

下っ腹を引っ込めながら生活する

| 0件のコメント

2016y11m22d_191718477
僕は過去にクラシックバレエを習っていたため個性を取り替えるために過度な減量を行いました。筋道としては炭水化物は食べない、天ぷらも抑える、目当て日光までのち一月になったところで朝昼間真夜中の献立をサラダや豆腐のみにするなどだ。筋肉は置きたかったので、納豆を積極的に食べたり、お肉は朝か昼間に副食として少し食べたりしていました。

これを行ったところ短期間で5距離やせることができましたが、その代わりリバウンドがスゴイきつく、10距離太った経験があります。痩身における減量を行うとその感想で無性に食べたくなる衝動も出来上がり、結果的に体重が増えてしまうこともあります。そのため、無理なく長く伸展くして望める減量を行うべきだと考えました。

ひとたびこちらが始めたのは、朝飯を毎朝トーストだったものを、フルーツグラノーラのカロリーハーフに入れ換えました。胸で食べていたのですが、胸を低脂肪・無脂肪にしました。これだけでとってもカロリーの節減に絡みました。次に、夕飯の前にすっきり果実青汁を呑むように努めました。

こちらは独り暮らしをしている結果、なかなか野菜不備になってしまうため、青汁を四六時中飲んで野菜不備を補おうと考えました。またお菓子は、ヨーグルトに青汁を溶かしたものを食べていました。甘味を召し上がるよりも思い切りカロリー失速に繋がるのでオススメです。これらを行なうだけで3ヶ月で4距離もやせることができました。

慣れてきたら軽々しいスポーツを始めました。スポーツといってもエレベーターやエスカレーターを使わずに階級を使う、下っ腹を引っ込めながら生活する、電車で立っているときに少しだけかかとを浮かす、などごくごく簡単なものです。

お腹いっぱい採り入れるけど減量も叶う、ずぼらな人類も挑戦しやすい減量方策なのでとにかく諸君チャレンジしてみて下さい。アレルギーを改善

コメントを残す

必須欄は * がついています