使用環境

グループウェアはソフトウェアのため、使用環境が必要になってきます。
そのため、製品ごとに変わる推奨環境などを事前に確認し、自分の学校で使えるかを検討する必要があります。

また、教師のグループウェアに対する意見を聞くこともスムーズな導入にとっては必要なことです。
なぜなら、グループウェアの導入を反対する教師が多いと使用は困難になるからです。導入に反対する教師を説得するためにはグループウェアの機能がいかに授業支援につながるか説明しなければなりません。
こうした、グループウェアの導入に必要な使用環境というのは機会的なものだけじゃなく、人間的な環境の整備も必要になってきます。

特色ある商品

様々な機能があり、業務の効率化をできるグループウェアですが、様々な業界の特色に合わせた製品も販売されるようになりました。
そのため、学校業務に適した、グループウェアも日々開発、販売されています。
その特色としては、校務に必要な書類作成やデータを作れるという点です。
例えば、出欠の統計や行事予定などのデータを容易に作成できたりします。

このように授業支援に特化したグループウェアの導入は様々な学校で進んでいます。

機能

授業支援システム、グループウェアには多数の機能がついています。

まず、グループウェアは校務に関するデータを全てデータベース化することができ、それを共有することができます。
また、データの作成には元々フォーマットが組み込まれており、それに情報を組み込むだけの簡単な作業となっています。
具体的な機能をご紹介します。
まず、行事予定表や授業予定、実績などの校務に必要なデータを共有できます。
また、それらをデータベース化することができるため、必要なときに情報を引き出すことが可能です。
また、電子会議室機能を使って、ある特定の話題について話し合うことができ、校務を効率よく進めていくことが可能です。

このようにグループウェアの機能を有効活用し、今後の校務に役立てましょう。